Cozy Concept インテリアのロゴ

WELCOME泥落とし屋外玄関マットの通販はCozy Concept インテリア



ラグ・マットのイメージ

WELCOME泥落とし屋外玄関マット

WELCOME泥落とし屋外玄関マットの商品画像

シンプルなロゴメッセージでゲストへの想いを伝えて ●サイズ/約50x75cm

商品の種類やタイプ:玄関マット

販売価格: 5,940円

インテリア家具の説明:

業務用泥落としマット世界ナンバーワンシェアを誇るマットブランド「wash + dry(ウォッシュ アンド ドライ)」が開発した、家庭用の屋外置き泥落としマット。
オーストリアの子会社がデザインした、洗練された柄ゆきが魅力です。
なかでもこちらは、ブラック一色のバックに「WELCOMHOME」の文字をあしらったシックな1枚。
シンプルなメッセージがゲストへおもてなしの心を伝えてくれます。
汚れたら水でさっと汚れを流すことができ、速乾性なのでお手入れもラクラク。
小さなお子様などの泥落としとしてもご活用ください。

他の玄関マット

カントリーテイストの泥落とし屋外玄関マットの商品画像

安心感を与えてくれるカントリーテイストなデザインが素敵 ●サイズ/約50x70cm
業務用泥落としマット世界ナンバーワンシェアを誇るマットブランド「wash + dry(ウォッシュ アンド ドライ)」の泥落としマット。

ゴブラン織りの玄関マット/美女と野獣(ディズニー)の商品画像

ベルと王子様の素敵デザインで玄関スペースをおしゃれに演出
「美女と野獣」の世界観でインテリアを素敵に演出。

素材感を楽しめるブロック柄の玄関マット(BELLE MAISON DAYS)の商品画像

一枚にいろんな感触、ぜひ素足で。
●サイズ/約40x65-約70x120 ベルメゾンライフスタイリング/2018 EDITION80-81ページに掲載されています。

手編みレース付コットン玄関マットの商品画像

40%OFF2017年4月~7月の販売価格\1,195(税抜)この商品は、ベルメゾンネットだけでのご提供です。
カタログでは販売しておりません

洗えるすべりにくい玄関マット<ライオン>(リサ・ラーソン/Lisa Larson)の商品画像

リサ・ラーソンの「ライオン」で大人かわいい玄関に ●色/イエロー他(全2色)
スウェーデンの陶芸家であり、今や世界中で愛される雑貨やファブリックの人気ブランド「リサ・ラーソン」より。

繊細な植物柄の薄くて丈夫な泥落とし屋外玄関マットの商品画像

汚れは玄関前でシャットアウト。
この商品は、ベルメゾンネットだけでのご提供です。

インテリアの特集やセール

家具・収納 mini labo(ミニラボ)インテリア

おしゃれなインテリア雑貨

家具だけでなく、おしゃれなインテリア雑貨もいかがでしょうか。
毎回きまぐれで表示していますので、思わぬ掘り出し物に出会うかもしれません。

まんてん キッズ食器セットの商品画像

まんてん キッズ食器セット

世代や国を超えた大人気キャラクターのドラえもん。
そんなドラえもんやドラミちゃんがデザインされた、耐熱強化磁器の食器シリーズが誕生しました。

ベジベジ サラダセットの商品画像

ベジベジ サラダセット

代官山農園がお届けする、元気でちょっとユニークな野菜と果物。
代官山農園とは、ベジベジブランドの野菜や果物達が生み出される架空の農園です。

直火オーブングリルプレートワイドの商品画像

直火オーブングリルプレートワイド

オーブンレンジや魚焼きグリル、直火でも使用OKの耐熱陶器製。
付け合わせの焼き野菜も一緒に調理できます。

ペーパークリップ ペンギンの商品画像

ペーパークリップ ペンギン

仕事や勉強を楽しくまとめる人は、もう使っています。
書類やメモを動物の形のクリップで整理しませんか。

カップボードの商品画像

カップボード

ヨーロッパのカフェをイメージしてつくられた、明るいホワイトカラーのおしゃれなキッチン家具シリーズより。
食器やツール類をひとまとめに収納できる収納力たっぷりのカップボードです。

なみなみ包丁の商品画像

なみなみ包丁

刃物の名産地、岐阜県関市の職人が手がけた「なみなみ包丁」です。
特徴は職人の技で作られた特殊形状の刃。

お花のデスクライトの商品画像

お花のデスクライト

花弁モチーフが美しいガラス製のデスクライト。
ツルの絡まるスタンドなど繊細な細工を施しました。

草間彌生:マスキングテープ セット Aの商品画像

草間彌生:マスキングテープ セット A

前衛芸術家・草間彌生氏は、2009年のau iidaブランドの端末のプロデュース、2012-13年のルイ・ヴィトンとの共同コレクション、東京・六本木ヒルズでの「LOVE」展などが記憶に新しく、国内外での創作活動、個展や企画展に至るまで、今なお精力的に活動を続けています。
2014 年、その草間氏とマークスのコラボレーションがついに実現し、アートなステーショナリーシリーズがラインアップしました。

Interior Menu